世界遺産 白糸の滝&富士山本宮浅間大社でパワーを頂く!

*猫を飼っているため、日帰りのお出かけばかりの渥美が、
当館から気軽に足を伸ばせるスポットをお知らせします*

当館近くの世界遺産と言えば、韮山反射炉と富士山です。
皆さんご存知だとは思うのですが富士山は単体で登録された訳でなく
静岡県と山梨県にまたがる25の構成要素がまとめて登録されています。

今回お知らせは、その構成要素の中の2つ。
まずは静岡県富士宮市にある白糸の滝。

ちょっと急な階段を下りて

見えてくるのが白糸のように流れ落ちる幾筋もの滝。
富士山の伏流水が、古い堆積物と新しい堆積物の間を通って
この場所で湧出、滝となっているとのことです。

↑の写真左手の人が集まっている場所では
流れ落ちる水の勢いを感じることができます。

この先、夏場になると、水しぶきがとっても涼やかなはず!
この夏のご旅行にお勧めです。

次のお勧めは、同じく富士宮市の浅間神社です。

荘厳な楼門と立派な拝殿。

そしてこちらは湧玉池(わくたまいけ)。

ここの池の水は、富士山に降った雪が長い年月をかけて
溶岩の間を通り、ここで湧出しています。
その昔は、ここで身を清めてから富士登山をしたそうです。

そうは言っても、当館のある伊豆の国市と富士宮、
遠いんじゃないの?と思うかもしれませんが。
そうでもないんですよ。

 

★当館から白糸の滝までは1時間ほど

 

新東名から伊豆縦貫道に入るのがお勧めです。
運転も楽々ですよ。

当館のお湯でくつろいだ後は
白糸の滝と浅間大社でパワーをチャージ♪
これから来る暑い夏を乗り切りましょう!


田植えの季節と蛭ヶ小島で育む愛♪

梅雨が始まり、当館周辺でも田植えの季節がやってきました。

田んぼには、ちびっこの苗がお行儀よく並んでいます。

この田んぼ、伊豆の国市にある「蛭ヶ小島」の近くの風景です。

蛭ヶ小島と言うのは、平治の乱で敗れた源頼朝が伊豆へ配流された際
この辺りに住まわされていた、とされる地です。
本当にここだったかどうかは定かではなく
江戸時代の学者がこの辺なんじゃないの?
てことから、ここを蛭ヶ小島と定めたとのことです。

今は整備され公園になっているのですが、ここには

若き頼朝と妻政子をイメージしたブロンズ像があります。

二人が見つめる先には

富士山がそびえているのですが、この日はあいにく曇り。
雲の影に隠れていました。

頼朝の監視役であった北条時政の娘政子と頼朝が結ばれた地と言うこともあり、二人の熱愛については

ここに詳しいです。
頼朝と政子の熱愛にあやかりたい方は、訪れるといいかもしれませんよ。

そして、こちらは上の画像とは別の日に撮影しました。

富士山の雪はほとんど解けて残りわずか。
この先、晴れて風がない日には
田んぼに映る逆さ富士の姿を見ることができます。
画像の準備はできませんでしたが、
皆様にぜひご覧いただきたい絶景なんですよ。
当館へお越しの方は、お見逃しなく!

そして稲が育って、水面に富士山の姿が映らないようになると
いよいよ梅雨明けです。

夏のご旅行の予約は、ぜひ当館で!

 

★当館からは10分ほど

赤いピンが当館です。いろいろな経路があるのですが
この行き方が私のお勧め!
富士山に向かって走る感に心躍ります。
水田に映る逆さ富士も、南北に走るまっすぐな道で
見ることができますよ。

 

★おまけ

当館のネパール出身のスタッフが日本の田植えに驚いていました。
どの辺りに驚いたのかを聞いてみると
「稲がきちんと並んでいる」

なんでも彼の出身地では田植えは水牛を使って行うそう。
そのため、稲がこんなにきちんと並んでいないんだとか。
ちなみに水牛は農作業の他、食用でもあるそうです。

所変われば品変わる、って言葉を思い出しました。

 


世界遺産韮山反射炉 花回廊と夜間ライトアップ

絶賛開催中の静岡デスティネーションキャンペーン。
当館近く世界遺産韮山反射炉でもイベントが行われます。

その名も「世界遺産韮山反射炉 花回廊2019」!
反射炉がたくさんの花のオブジェで彩られています。

その様子がこちら。

韮山反射炉

オブジェはフラワーアーティスト村松文彦さん監修なんだそうです。

こちらは、大砲とかわいらしい花のオブジェ。

韮山反射炉

なかなかない組み合わせですね。

角度を変えるとこんな感じです。

韮山反射炉

ここ以外にも、まだまだフォトジェニックポイントがたくさんでした。

開催は5月26日まで。詳しくはこちらから

この機に当館にご滞在の方は、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

そして更なるお知らせが。
もうすぐ反射炉周辺にホタルが飛び始めます。
それに合わせて、イベントが行われます。

ホタル観賞の夕べ

伊豆の国市観光協会のサイトよりお借りしました。クリックでサイトへ。

そしてこちらは去年のライトアップの様子。

韮山反射炉

ホタルは夜20時頃から1時間ほどが見ごろだそう。
と、言うことは、当館のお食事を17時45分でお申込みいただき
食べ終わって向かえば余裕で間に合いますね!

☆韮山反射炉へは

込み合ってる時間にキャプチャーしたので
空いている時間ならもっと早く着きます!


W世界遺産で、よろしく令和

今日から令和元年ですね

当館のある伊豆の国市の誇る世界文化遺産「韮山反射炉」と富士山のコラボで
新しい時代を寿いでみました。

とは言っても撮影は平成なんですが…

富士山の積雪量が最も多いのは例年4月。
続いて多いのが5月と言うことです
(年によって差があるようですが)。

当館を訪れた皆様は、
たっぷりとした雪に覆われた富士山と韮山反射炉のコラボをお見逃しなく!

そして更なるお知らせが。
W世界遺産が楽しめる展望台は、蔵屋鳴沢さんの茶畑の中にあります。

そして、この茶畑では「茶摘み体験」ができるんですよ。

蔵屋鳴沢さんのサイトよりお借りしました。↑クリックでサイトへ。

茶摘み娘のコスプレと茶摘みという非日常的な作業で
旅の思い出を作ってください。

★当館より車で10分ほど

 

これからの季節、歩いても行けますよ。

 


伊豆周辺の夜桜見物☆秩父宮記念公園

*猫を飼っているため、日帰りのお出かけばかりの渥美が、
当館から気軽に足を伸ばせるスポットをお知らせします*

冷え込む日が続き、当館周辺の桜は例年より開花が遅れています。
本日の当館の桜はこんな感じです。


逆光で見えにくくすみません。
まだ、咲いている花よりつぼみの方が多いようです。

そして、こちらは当館近くの西琳寺の春もみじ。

新芽が芽吹き、花も咲いています。
毎年この色を見て、春の訪れを感じています。

今回の夜桜のお勧めは、御殿場の秩父宮記念公園です。
ここは昭和天皇の弟君秩父宮殿下の別邸でした。
秩父宮両殿下がお亡くなりになった後、
四季折々の花を楽しむことができる公園として親しまれています。

御殿場は富士山に近いこともあって、
桜の開花もゆっくりです。
これからお花見の計画でも、間に合います。

茅葺の母屋の左右はとても見事なしだれ桜です。

秩父宮記念公園のHPよりお借りしました。

4月2日からは、夜間ライトアップが行われています。
17時半頃点灯
20時最終入園受付終了
20時半閉園
とのことです。

詳しくは
秩父宮記念公園
http://www.chichibunomiya.jp/をご覧ください。
桜の開花情報も毎日更新されています。

 

★当館から車で50分ほど

当館にご宿泊の後(ここ大事)、翌日は御殿場プレミアムアウトレットでお買い物
その後夕方訪れるのがお勧めです。

 

 

 

 


伊豆周辺の夜桜見物☆伊豆高原さくらの里

*猫を飼っているため、日帰りのお出かけばかりの渥美が、
当館から気軽に足を伸ばせるスポットをお知らせします*

伊豆半島にあるとっても長い桜並木をご存知ですか?
伊豆急行 伊豆高原駅近くにある「伊豆高原桜並木」がそれです。
桜の本数は約600本、周辺合わせて約3000本もあるんだそうですよ。
そしてその長さは3キロにも及ぶそうです。

そして、こちらは昨年のライトアップの時の写真です。

しかし!なんと今年はここのライトアップはやってないんだそう。
伊豆高原桜まつり実行員会に伺って、びっくりしました。
なんででしょうかね、苦情とか多いのかな…

夜桜は残念ですが、昼間ももちろん見ごたえあり!です。

そして、その近く「さくらの里」では今年も
ライトアップが行われるようです。

さくらの里は大室山山麓にあって、
広大な敷地に約40種1500本の桜が植えられています。
もちろん昼間も見ごたえもあるのですが
ライトアップされた夜もとってもお勧めなんです。

↓去年の様子です。


広い園内にはライトが届かないところも多く
暗闇の中に桜が浮かぶような光景を楽しめます。

今年のライトアップ期間は
3月23日(土)~4月7日(日) ※開花状況により開催が前後します。

当館にご宿泊の後(ここ大事)、
東海岸を観光してから寄ってみるのがおすすめです。

☆当館から車で50分ほど

(赤いピンが当館です)


伊豆周辺の夜桜見物☆三嶋大社

*猫を飼っているため、日帰りのお出かけばかりの渥美が、
当館から気軽に足を伸ばせるスポットをお知らせします*

桜の開花の便りが届きました。
今回は、当館近くの夜桜ポイントをご紹介します。

こちらは、伊豆国 一宮の三嶋大社(三島大社)。

初詣、お宮参り、成人式、結婚式と地元の人々にとっては
日々お参りする神社です。

そしてこの時期ぜひ楽しみたいのが夜桜です。

夜間、桜のライトアップが行われます。
今年は、3月23日~開花期間中、午後6時から午後9時までです。
境内の参道は、こんな感じで桜とぼんぼりの明りが縁どります。

(写真はいずれも昨年のライトアップの時の様子です)
インスタ映えのスポットとしても脚光を浴びているので
あちこちにスマホや一眼レフを手にした人、
中には三脚を使って、本格的に撮影する人も。
「映え」を求める人がたくさんでしたよ。

インスタグラムのハッシュタグ検索#三嶋大社で
開花状況などもチェックしてみてくださいね。

★当館から車で30分ほど(大社周辺には駐車場もあります)


ライトアップ!世界遺産韮山反射炉

*猫を飼っているため、日帰りのお出かけばかりの渥美が
当館から気軽に足を伸ばせるスポットをお知らせします*

当館のある伊豆の国市の誇る世界遺産韮山反射炉。
こちらのライトアップが期間限定で行われます。

昨年も行われたこの催しに行ってみたのですが、
暗闇の中に浮かび上がる反射炉がとても印象的でした。

(↑昨年の様子です)

今年のライトアップは以下の通りです。
【ライトアップ期間】3月20日(水)~4月8日(月)
※3月20日(水)~3月31日(日)全日、
5月18日(土)~6月16日(日)の平日はライトアップのみ開催します。

また隣接するガイダンスセンターも夜間開館されます。
【夜間開館】2019年4月1日(月)~4月8日(月)
※毎日開館2019年5月18日(土)~6月16日(日)※土日のみ開館

夜間開館時間:17:00~20:30

入場料:大人500円 小・中学生50円

詳しくはこちらを↓↓↓
http://izunotabi.com/info/nirayamahansyaro-illuminate/

3月後半から4月初旬までのライトアップ期間には
桜の花とのコラボが楽しめるかもしれませんね
(反射炉手前の黒い影が桜の木です)。

インスタ映えもばっちりな光景が広がりそうですね。

★当館から車で10分ほど


*河津桜*

参照:河津町観光協会

 

みなさんこんにちは!

 

 

河津町の「 河津桜 」がそろそろ開花の時期を迎えるのでご紹介したいと思います*

「河津桜」は伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を活かし

2月上旬から約1ヶ月かけて満開になる桜です(^O^)*

また、満開が長い期間続くのも特徴です♪

 

少し前までほとんど無名の「河津桜」でしたが

ここ数年で全国に浸透し約200万人規模のイベントになったそうですよ*

 

まだまだ寒い日が続きますが、河津桜の少し濃いめのピンク色を見て

一足先に春気分を味わってはいかがでしょうか(^O^)**

2月10日(日)からは河津桜まつりも開催されます♪

 

*詳しくは河津町観光協会HPご覧ください*

 

 

 

 


*北条政子の産湯*

 

みなさんこんにちは!

 

今回はここ伊豆の国市にある歴史を少しご紹介しようと思います*

 

北条政子という歴史上の人物をご存じですか(*^_^*)?

父は北条時政、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将です*

 

政子は源頼朝の正室となり、頼朝の亡きあとは

幕政の実権をにぎり尼将軍と呼ばれていたそうです*

 

参照:伊豆の国市観光協会

 

ここには政子の産まれたときに産湯として使われたといわれている

井戸があります(^O^)

政子の伝承から安産に霊験ありとして

近年まで井戸のお水を妊婦さんに飲ませていたそうですよ(*^_^*)♪

 

政子は火のような情熱のある性格の持ち主だったそうです

ここで安産祈願をしたら丈夫で強い子が生まれるかもしれませんね*

 

井戸の近くには川沿いの公園などもあるので

散策しながら歴史を感じることができます**

ぜひ足を運んでみてください(^O^)*